転職エージェントとは?:知ると使いこなしやすい、営利企業としての転職エージェントの仕組み

ちょっと俯瞰して理解しよう!

サービス案内だけなら各社転職エージェントに詳細あるんですが、
もう少し大枠の「そもそも転職エージェントとは」から知っていると
すごく使いこなしやすくなりますし、そのポイントを忘れにくくなります。

転職エージェントとは

転職エージェントの名で知られるサービスですが、
「人材紹介」という業種に分類される営利企業となります。

この人材紹介企業の役割は、
「中途採用をしたい企業」と「転職をしたい求職者」の
マッチングを図り、両者を仲介すること。

・中途採用をしたい企業の求人情報(職種、仕事内容、給与、募集背景、応募条件などなど)
・転職をしたい求職者の個人情報(年齢、学歴、職歴、資格、希望年収などなど)

企業と転職希望者の間に立ち、双方の情報を得ることで、
互いが望む採用・転職を仲介によって実現するのが転職エージェントの役割です。

転職エージェントがサポートしてくれること

一般的には、求人情報の提供から面接、入社に至るまで
「あなたの転職活動をまるっと無料で」サポートしてくれます。

具体的には、、、、

・面談、コンサルティング
・求人情報の提供
・履歴書、職務経歴書の添削
・面接対策
・選考の日程調整
・面接評価のフィードバック
・転職先との給与交渉
・現職との退職交渉サポート
・入社までのフォロー など

書いてみると至れり尽くせりですが、
この手厚いサポートの背景は転職エージェントの役割にあります。
転職エージェントとは、一般の営利企業が
企業と転職希望者の互いが望む、採用・転職を仲介によって実現する」こと。

ただ情報を突きあわせるだけじゃなくて、
しっかり採用してもらえるようにサポートするとこまでが
転職エージェントのお仕事なのです。

転職エージェントの仕組み

とはいえ、そんな無料サービスでどのように儲けているのか気になりませんか?
実は、採用を行う企業側が、求める人材を採用できた(成功した)時、
転職エージェントに紹介手数料を支払っているのです。

転職希望者:無料(最初から最後まで)
採用企業:有料(成功報酬として支払い)

一般的な相場としては、採用した人の年収の30%程度。
もしあなたが転職エージェントを利用して転職活動に成功した場合、
入社する会社が転職エージェントに対してあなたの年収の約30%の金額を
「手数料」として支払ういます。これが転職エージェントの仕組みでありビジネスモデルです。

利用する転職希望者にとっては無料のサービスですが、
企業が転職エージェントを利用して採用するということは、
一人当たり100万円前後の採用費用をかけて行う大きな採用活動。
実はとてもお高いサービスなのです。

転職エージェントもあなたも目標は一緒

企業は必要な人材を採用したい。
=活躍してくれると判断した人に、入社してもらいたい。

あなたは転職活動を成功させたい。
=納得のいく企業から内定をもらい、入社したい。

転職エージェントはあなたに転職活動を成功してもらいたい。
=成功報酬型のビジネスなので、あなたが転職して入社して初めて売上になる。

つまり、仕組み上、三者が同じ方向を見て初めて成立するビジネスなのです。

企業だけが採用したいと思ってもダメだし、
あなただけが入社したいと思っても利益にならない。
だから転職エージェントは、あなたが結果を残せるように「まるっとサポート」してくれるわけです。

終わりに

今回は「転職エージェント」を一つ俯瞰した形で解説しました。

・転職エージェントは、企業と転職希望者の情報を扱う仲介サービス
・転職エージェントは、転職・採用の成功が叶って初めて利益になる成功報酬型
・転職希望者は無料で使えるが、採用企業は年収の約30%(100万円前後)の費用をかけている

この大枠を知っているだけで、各登場人物の利害関係を把握し、
自分の転職活動にプラスになるような動きを取りやすくなります。

ではでは。かごみーでした。