年明け〜年度末は転職のチャンス!年末年始は情報収集をしながら過ごすのが吉。

転職しやすい時期ってあるの?

年の瀬も近づいて参りましたね。

転職を少しでも意識しているならば、
年末年始は「情報収集」と「考えを整理する」ために時間を有効に使うと良いですよ。
というのが本日の提案です。

実は人材業界で勤める者にとっての年末は、”嵐の前の静けさ”。
年明けからきたる最繁忙期に備えて、束の間の休息をとるような時期なんです。

年明けは1年で一番「転職しやすい時期」である

というのも、年明け〜年度末って1年でも一番転職しやすい時期なんですよね。

中途採用の社員募集求人が増える

年度明けの4月入社を見越した採用活動開始
退職の交渉も含めて、約2〜3カ月が転職活動の一般的な期間なので、
1月から採用活動の情報開示をする企業が多いのです。

露出も大幅に増え、求人情報が豊富になる

各人材会社とも、1年でもかきいれ時の「繁忙期」です。
転職サイトに掲載される情報も、エージェントから紹介される案件もぐっと多くなります。

複数名募集することもある(増員募集案件の増加)

増員での募集が増えるのもこの時期の特徴。
スポットでの募集は、退職者・産休者の欠員を埋めるためであることが多いため、
募集人数も1名(欠員分)になりやすいです。
増員募集であれば採用人数が複数名になるため、チャンスもそれだけ増えます。

転職する側の嬉しいポイント

年度の変わり目なので、キリがよく退職しやすい

退職する時についてくるのが、仕事の収束と後任の選定と引き継ぎ。
仕事が一巡する年度末。これらが行いやすい、というのも一つの事情に勘案されます。
あなたの社内でも、人事異動、ありますよね?
組織体制や異動辞令は年度末に向けて確定されることが多いので、
転職・退職する人の分も含めて社内調整しやすいのがこの時期でもあります。
キリの悪いタイミングだと、それこそ「あなたの代わりが採用できるまで待ってほしい」と
止められることも多いのですが、仕事が一巡し引き継ぎのしやすいこの時期は綺麗に退職できる時期でもあります。

転職先で「同期」に恵まれやすい

当然ながら転職活動は内定をもらって終わりではありません。
活動も不安かもしれませんが、「次の職場でやっていけるか?」というのもまた現実的な不安ですよね。
4月は転職をする人、受け入れる企業が多い時期だからこそ、
同じ時期に入社する「中途の同期」がいる確率も高くなります。
新しい環境で、共通点を持つ人がいるのは、だいぶ仕事のやりやすさも慣れやすさも変わってきますよ。

1年間での「転職しやすい」「転職しにくい」時期って?

1年での案件数傾向をまとめるとこんな感じ。
ざっくり多さ順に4つに分けられます。

①年度明け4/1の入社にむけた募集(1〜3月)
②下半期10/1の入社にむけた募集(9〜10月)
③夏・冬の賞与後退職を狙った募集(6月〜7月/10〜11月)
④その他期間

逆に、4月・5月は「人材業界の閑散期」とも言われており、案件数が少ないです。
転職してくる新人さん、学生からの新卒さん含めて
入社する人が多いタイミングなので、ここで新しい募集はなかなか生まれません。
だいぶ求人数が少なくなるため、この時期でしか転職活動ができない場合はそこも念頭に置いて作戦を練りましょう。

年間で考えると、だいたい年度や半期などの期末前のタイミングで募集が増えます。
業界・企業によっては、特定の時期の入社しか受け入れてないところもあります。
具体的には、金融系や商社など「堅め」の業界は、年度明けの1回きりか半期末を合わせた2回のところが多いです。

もしかしたら意中のあの企業が募集開始するかもしれないのが、年明けというわけです。

年末にオススメの過ごし方

年末年始にまとまった時間を確保して、行っておいたほうがいいのは
下記の二つ+余力があればもう一つ。

①求人の情報収集
②自分の不満・希望・優先順位の整理
③履歴書、職務経歴書を書いてみる

①求人の情報収集

転職をなんとなく意識しているなら、ざっくり眺める程度で大丈夫です。
目的は市場感を大掴みすること。
「へー、こんな求人があるんだ」「実は今の職場は条件がいいのかも…?」「意外と転職先多いぞ!!」
こんな感想を好き勝手にぽんぽん出すくらいがちょうど良いです。

いくつかの求人サイトに登録してみる

市場感を掴みやすいのは大手の求人転職サイト。

職種や業界が決まっているなら、専門特化の求人サイトもいいですが、
あまり決まってい、もしくは自分の今後の可能性も含めて検討したいなら、
総合型で満遍なく掲載しているところの方が初回登録は無難です。

一つのサイトの登録で大掴みできる利便性もあるのですが、
採用活動を行う企業側もまた、「ひとまず大手に掲載」と考える傾向にあるからです。
そのため、専門性を謳う求人サイトよりも、掲載幅も広く市場感を見つめるにはうってつけです。

閲覧時のコツ:
求人サイトのトップページ/検索の上位ページには、
大手企業や常時募集企業がずらっと並ぶ傾向にあります。(掲載料金の高い順に並ぶため)
市場感を大掴みするには、頭からではなく、ランダムに数ページ見てみましょう。
偏りなく傾向を掴みやすくなります。

スカウトメールから市場を感じとる

求人サイトに登録すると、めちゃくちゃ多くのスカウトメールやDMが届くと思います。
専用のメールアドレスを用意するなり、フォルダ分けするなりを推奨します。

スカウトメールはあなたの登録経歴に合わせて送られてくるので、
こういう職種・企業から「あり」だと思われるんだなー。
とざっくり認識できるのが利点です。

メールが来たから内定が出るわけでは無いものの、
送付する範囲を年齢や経験、住まいから絞り込んで一括送信してることが多いので
足切りはクリアなのか〜。くらいに思っておくのがちょうどいいです。

そんな感じで登録1ヶ月も経過すると、ふと、感じることが出てくると思います。

この会社、またスカウトメールが来たぞ? 募集しすぎでは??
名前、あああ、で適当に登録したのにスカウトメール送ってくるのか。。。何基準にしてるんだろう。。
人事の人から直接スカウトメールがきた! 結構経歴読み込んでくれてるっぽい。。。どう返そう。。。

などなど。自分では思い至らなかった掘り出し求人などもあるので、
思い出した時にスマホから見るくらいで確認する使い方がおすすめです。

自分の希望を盛り盛りにして求人サイトで検索してみる

案件の数は多くとも、果たして「理想に叶う」案件はどのくらいあるんだろうか?
条件はなんでもいいので、一度、希望てんこ盛りで検索してみましょう。
「土日祝休み_年収400万円_都内_残業少なめ」「未経験歓迎_事務_正社員_上場企業」などなど。
良いんですいいんです。見るだけみてみましょう。意外と結構あったりするから。

何度も言いますが、重要なのは市場感を大掴みすること。

実際にどのくらいの求人があるのか?
応募要件はどのくらいなのか? 必要な資格はあるか?
自分は今その経験を満たしているか?
給与事例どのくらい? 社員紹介に自分と経歴近い人いる? などなど。

こうならいいのに、と思い描く理想の勤務条件を、”現実”のものとして情報を仕入れておきましょう。

検索時のコツ:
①より多くの求人情報から検索
https://jp.indeed.com/
大手といえども、一つの求人サイトに載っている求人はごく一部のもの。
やはり多少のバイアスはかかってしまいますし、検索項目にも限界があるかもしれません。
他の求人サイト、ホームページ、ハローワークなどより多くの求人を横串で一括検索できる
=市場平均に近い求人情報を得られるので、上記Indeedでの盛り盛り検索併用もおすすめです。

②転職エージェントの公開求人から検索
登録や面談をしなくても、転職エージェントのページから「公開求人」は検索ができます。
会社名は載っていたりいなかったりですが、職種や年収などの基本条件は検索可能です。
ここで見て欲しいのは、応募条件。ちょっとリアルな内定条件をイメージするための検索です。
いわゆる”広告”で成り立つ”見られてナンボ”の求人サイトは、
「未経験歓迎!」「高年収!」「残業なし!」と派手な文言が目立ちます。
一方で、入社して初めて売り上げになる転職エージェントは、受からない人に受けてもらっても仕方ないので、
リアルな内定条件に近い募集条件を最初から出して来ます。その差異もざっくり掴めると強いですよ。

自分の会社が中途採用募集をしているか検索してみる

あなたが今勤めている、もしくは過去に勤めていた企業の採用情報を検索してみましょう。
「**株式会社_採用」で検索すると、今現在ホームページで募集しているものはもちろんですが、
過去に求人サイトに出していたものも検索で引っかかることが多いです。
求人サイトでの掲載期間が終わっても、データだけ残っていたりするんですね。

どんな打ち出し方をしていますか?
特に”広告”である求人サイトに過去掲載されていれば、これ以上ない学習ツールになります。

内情を知っているあなただからこそ、「求人サイトの書き方」と「実態」の差を感じるはずです。
嘘ではないけどさぁ…、それは綺麗な部分だけ切り出しすぎじゃない?
確かにあいつは社員インタビュー向きだろうけどさぁ…、上5%の成績よ? 平均値じゃないよ?
あたりが、最初に浮かんだ感想ではないでしょうか?

はい!この差を念頭に置いて、今後は求人サイトでの募集を見ていきましょう。
キラキラした広告に対する予防接種は以上で完了です! これでネット情報の波に安心して送り出せる!
かなりの求人情報強者になってるはずなので、もう一度、求人サイトを見てみると印象違って見えると思います。

②自分の不満と、希望と、優先順位の整理

敵を知り己を知れば百戦危うからず。
大分、敵(求人)は知れたので、次は己を知りましょう。

実は転職するかどうかの判断って割とシンプルで、
①:自分の不満を整理する
②:希望条件と優先順位を整理する
③:現在の職場で希望を叶えるために必要な条件を整理する
④:転職市場において希望を叶える求人があるか、就ける可能性はあるかを整理する
⑤:③と④で確率が高い方を選択する
って流れなんですよね。

不満と希望を明確化しないで転職活動すると、9割方失敗する

私がキャリアアドバイザーをしていた時のこと。
それはそれは色んな理由や環境や立場から転職を考える人がいます。
その中で、実は一つだけ、個人的には全力で転職活動を止める「転職理由」というものが存在しました。

「いやー、、、”なんとなく”??」

これだけは!まじで!危険信号!!
置かれた立場から基本的には転職推奨の立場を取りますし、
転職を考えて相談されてるんだから、止めることは正直少ないんですよ。

ただ、他人の人生を左右する時の背中を押す役目を果たす以上、
時には売上とか立場とか関係なしに、知ってるからこそ止めなきゃいかんときもあるのです。

それが、こちら。「なんとなく」での転職。

・なんとなく、うちの会社はダメな気がする
・なんとなく、もっと良いところがあるはず
・なんとなく、やだ
・なんとなく、転職したら上手く行く気がする

この”なんとなく”を明確化しておかないと、転職先でも同じこと繰り返して無限ループに陥るか、
”なんとなく”良さそうなところに入社して、明らかに前の環境の方がよかったよね、
という状態に陥る可能性が非常に高いのです。

不満・希望を整理するための具体的手順

とはいえ、自己分析とやらは就職活動以来だし、あまり効果があったようにも思えぬと。
そう感じるあなたに、現役エージェントが面談で駆使していた手法を伝授しましょう。

用意するもの:紙とペン
※できれば先を見ずに、一緒に一つずつ進めてみて下さい。

①「仕事に求めること」を5つ書き出してください
これは本当になんでもいいです。
土日祝休み、Web業界であること、年収、残業が少ない、やりがい、事務職、etc…

②あなたの持ち点は100です。それぞれの項目に配点を振ってください。
優先度が高いものほど点数が高くなります。
何かに重点を置くと、何かを削らざるを得ません…。

③今の会社について評価してください。こちらも持ち点100です。
100点を使い切ることが条件です。合計で100になるように、点数を振ってください。

④点数を算出します。

満点は②で割り振った配点です。
③でどんなに点数評価が高くても、満点が算出の上限です。赤字参照。
この場合、年収は「40点満点中20点」なので20点のままなのですが、
残業は「15点満点中30点」なので満点の15点換算で算出するのです。

これがあなたが感じる今の会社に対する点数と、理想と現実のギャップを示しています。

現状を客観的に把握すると、選択肢が増える

これで「なんとなく」転職したいのではなく、
「メリハリをつけた働き方をして年収を上げたいから」転職したい人になりました。

そこが叶うなら、多少の残業と会社ブランドは一旦脇に置いて探すかー。
と、検索条件まで絞り込めるようになりました。

なんなら、
「土日祝休みの部署に異動できれば、総合75点で結構満足度高いのでは…?」
という転職以外の道筋も見えてきます。

適切な選択肢を浮かばせるためにも、現状の客観的な把握が力を発揮するのです。

③履歴書、職務経歴書を書いてみる

余力があれば、手を出して見ましょう。
求人サイトや転職エージェントサイトに、履歴書・職務経歴書のサンプルが掲載されています。
サンプルを元にして、自分の経験や経歴を上書きしていくのがいいでしょう。

書類の作成って、結構時間かかりますからね…。チャンスを見つけた時にすぐ動けるように。
今は転職する気が無くても、働いて1年経過するなら一度書いて見ることをお勧めします。
なぜなら、書いてから気づくことが非常に多いからです。

・大してアピールできることないじゃん とか
・実績って何を書けばいいんだろう とか
・自己PRと言われても困る とか
・資格って持ってた方がいいのかな とか
・営業やめて事務もいいなーと思ってたけど、現状業務からの志望動機が浮かばない。。 とかとか。

こんな経験してれば、こんな風に書けるのになー。
と思うことも出てくるはずです。

書ける書けないは文章力のテクニックではありません。
職務経歴書には何を書くべきなのかを知っているか。
書けるような実績やアピールがあるのかどうか。
これこそが重要です。

もし転職は今年じゃないなと思ったならば、それも朗報。
来年は職務経歴書に書けるようなエピソード、を意識して仕事してみましょう。
少し仕事の風景が変わりますよ。

やるなら年明けすぐの開始を推奨。

年明けからヨーイドン!で採用活動開始します。
年末は転職者の動きも鈍るので(来週から帰省したり、休暇で遊んだりするでしょ?)、
募集の準備ができてても、あえて年明けから情報開示する企業も多いのです。

年間で見ると選択肢も増える一方でライバルも増えるわけですが、
そこはあまり気にしなくてもいいと個人的には思っています。
ライバル少ない時期は求人数も少ないので、特定の職種や未経験チャレンジ以外は、
素直に選択肢の多い時期に挑戦した方が良いと思うんですよね。

目標の人数を採用できたら、募集は終了。
後になるほど採用担当の目も肥えてくるし、比較対象が累積で多くなってくるので、
若手なら前半戦の方が吉です。
最初は絶対評価で見てくれますが、中盤以降は「今まで面接した人」との相対評価になってきますので。

転職する気があるなら、情報収集とエージェントとの面談設定と書類作成の準備。
無くても、こんなところがあるんだー、という感じで見ておくのが吉です。

年明けは転職フェアも多いから、一度、軽い気持ちで出向いて見るのもありですよ。

最後に

毎年この時期は、年明けから来る繁忙期に備えて戦々恐々としておりました。
いやー、もうねー、転職エージェントの中の人、残業量が通常の1.5倍くらいに跳ね上がるからね。
それだけ案件数も転職希望者も増える時期なのです。

そんな一年に一度の豊作時期を活かすために、
年末年始は情報収集&自分と向き合う時間に充てるのはいかがでしょうか?

ではでは、かごみーでした。