逆質問を有効活用:「何か質問はありますか?」はアピール&業務理解のチャンス!

「質問はありますか?」という逆質問の活用

面接の最後にやってくるおきまりの質問がコチラ。
「何か質問はありますか?」
意外と苦手な人も多いんじゃないでしょうか。

しかし転職活動において、この質問は選考のアピールのみならず、
業務理解を深めるチャンスでもあります。

怖がる必要はありません。
面接をうまくやることも大事ですが、
それ以上に、自分に合った職場を選ぶことも大事ですから、
聞きたいことはしっかり聞いて、逆質問も有効活用していきましょう。

逆質問の場は何のためにある?

面接の一環ですから、ただの質疑応答タイムではありません。
この受け答えも、当然ながら面接の評価としてカウントされます。
その一方で、応募者・採用側の両者にとって、貴重な「情報収集」「情報提供」の場でもあります。

具体的には、主に下記4つの役割を果たしています。

①自己アピールの場
②業務への理解を深める場
③お互いの擦り合わせの場
④応募者に対する不安払拭、意向上げの場

一つずつ詳細を見て行きましょう。

①自己アピールの場

自己アピールとして機能させるために、下記に注意しましょう。

NG評価になる質問を避ける

・調べればすぐに分かるような内容
面接評価もですが、転職後の自分のために調べましょう。
・残業時間や給与面など待遇面に関する内容
気になるのは分かりますが、今この場じゃなくても確認できるので後回しにしましょう。
・面接官のポジションにそぐわない内容
現場責任者には業務内容を、人事には一般的な内容を、役員には一つ次元の高い内容を質問しましょう。
役員面接で現場業務に関することや、現場責任者に対して今後の企業のビジョンなどを聞くとセンス無いと思われます。

志望度が高いと分かる質問をする

面接官は「逆質問があるかないか」「どの程度の量か・内容か」によって志望度を測っています。
関心の薄いことに対して、人間は質問が浮かびませんからね…。
逆に、質問が出てくることは「気になっている」「調べている」能動的な動きが見えるので、
しっかりと調べた上で、それでも分からなかったこと・業務に関係すること・入社後をイメージできることを質問しましょう。

自分のアピール材料に絡む質問をする

今日の面接の手応えはどうでしたか?
もし自分の強みやアピールしたいことにあまり触れてもらえなかったなら、
ここが最後のアピールチャンスです。
ほぼ面接の最後にされることが多いこのやりとり。
「御社の業務であれば**という経験が活かせると思うのですが、同業出身の方はいらっしゃいますか?」
など触れてもらえるきっかけとして質問を投げて見ましょう。

②業務への理解を深める場

面接は選考されるだけでなく、あなた自身も「ここは自分が働くに場所か」を選考する場所でもあります。
事前に求人の業務内容を読み込んだり、その会社を調べたり、
エージェントの担当者から情報収集もしているとは思いますが、
とはいえそれらは第三者が書いた二次情報。

その会社で実際に働いている人に、直接聞けるチャンス

人事だけでなく、面接官に現場責任者もいたら特にチャンスです。
・業務内容
・1日の流れ
・評価方法
・入社後につまずきやすい場面 などなど
自分で調べるだけではイメージが湧きにくかったことについて、
しっかり内容理解に努めましょう。

もしかしたら、生の内容を聞いて、合わないと判断することもあると思います。
入社後に想定していなかったギャップに直面するよりも、
事前に分かるならば入社前に知れるに越したことはありません。
大変なところも含めてそれを分かって入社するか、違うという判断のもと
別の企業を受けるのもまた「情報」がないと判断出来ないことです。
それもまた貴重な情報収集です。

次回面接でのアピール材料とする

また、面接で得た情報は、次の面接でも活かせる内容になります。
より詳細な情報を得られる場でもあるので、
「この業務の**で、自分の@@というスキルが活かせます」
というのも次回の選考で自信を持って話せるよになりますしね。
根拠の強度が全くかわってきます。

一次面接:
「法人営業の経験は現職でも3年ありますので、御社の業務でも早期に結果を残せると考えております」

最終面接:
「一次面接で現場責任者のAさんに、貴社業務において営業活動は担当が開拓から受注まで行うとお聞きしました。顧客先は異なりますが、新規開拓からクロージングまで一貫して行う営業スタイルは私も行ってまいりましたので、営業の一連の流れは早期に追いつくことができると考えています。」
「足りない知識面は、現在、**のテキストを用いて勉強しております」

業務の流れを事細かに聞くことによって、
自分が今持っているスキルとくっつけられる可能性が格段に上がります。

③お互いの擦り合わせの場

逆質問って自由回答なので、人となりが出やすい項目でもあるんです。
もちろん対策として準備はできるんですけど、思いついたこと全部聞く時間はないですよね。
いくつか質問する内容がある中でも、”それ”を質問した。
その事実が「応募者にとって優先度・関心度の高い内容」と理解される所以です。

では、そういった情報はどのようにお互いの「すり合わせ」につながるのでしょうか?

社風や本人の指向性とのミスマッチを防ぐ役割

たまにあるんです。
経験やスキルは申し分ないけど、不合格になるケース。

お見送り理由例:
例1
スキル面は申し分ないですが、環境面の安定を求めていることが伝わってきました。
上場企業ではあるが新規事業の部門のため、現在は急拡大期で変化も非常に激しいため、実力が発揮しきれないんじゃないか。
落ち着いてくるはずの3年後に採用したい人材でした…。

例2
「最年少でのマネージャーは何歳ですか」「転職者からマネージャーになった方は最短何年でしたか?」など、
非常に向上心も高く、出世を含めた上を目指して行きたいタイプのようにお見受けしました。
しかし、基本的には年功序列の体質なので、応募者の経験を考えると実績にある最年少・最短マネージャーよりも、早くて+4〜6年が現実ラインです。
本人の指向性と組織体制が合わないことからお見送りといたします。

…などの「誰も悪くない」理由でお見送りになることもあります。

じゃあ、面接でそのような発言をしなければよかったかというと、
それで内定出て入社しちゃってからギャップに気づくリスクは、
②業務への理解を深める場でも述べたとおりです。こればかりは仕方ない。
悔しいですが、結果オーライと思い明るく次に行きましょう。

もし無理してキャラを演じた結果や、誤解を受けての評価であれば、
どんな言い方が誤解を招いてしまったのか? を振り返り、
別企業の面接に役立てましょう。

④応募者に対する不安払拭、意向上げの場

翻って、面接官としても、応募者に対してアピールできる場でもあります。
逆質問の内容=気にしている点なので、
詳しく聞きたい関心度が高いポジティブなものと、
不安の裏返しでもあるネガティブなものと両側面があります。

面接官怖い、と捉えることが多いかも知れませんが、
応募者の不安や関心項目は、採用側もすごく知りたいポイントなんです。
だって、本来の企業の良さが伝わらずに、選考や内定を断られるのは両者にとって損ですからね。

そのため、応募者が逆質問でしてきた内容については、
優秀な人事・面接官ほど情報補足をしようと尽力してくれます。

もし残業や家族事情など、働き方に不安があるならば、その場で安心材料となる情報提供もできますし、
もし関心の方向が現場業務のことなど当日の面接官だけでは答えられない内容であれば、
次の面接で詳しく話せる人員を面接メンバーに揃える動きもできます。

このように、逆質問を通して応募者の懸念や関心の方向性を知り、
面接を通して不安払拭や、志望度の向上を図って行くからこそ、
面接官にとってもアピールの場になりうるのです。

最後に

転職活動通してなんですが、面接では「嘘はつかない」表現をオススメしてます。

良くも悪くも面接って短い時間(30分〜1時間程度)なので、
上手い人は嘘つき通せちゃうんですよねー。
こうきたらこう返そう、という事前準備である程度やりきれる部分もありますし。
特に逆質問なんて、こういう人求めてるんだろうなーという想像から、
それっぽい質問をしてみるのもぶっちゃけ効果的です。
(成長企業で前のめりに若手昇格を意識させる質問とかね)

ただ、面接時の評価は入社後にも付いて回りますし、
なんならキャラや指向性を鑑みて気を利かせた部署・チーム配属もあります。
内定数だけで成功が決まるならいいんですが、「転職活動」よりも「転職後」の方がずっと長いですからね。

転職後こそ幸せになれるよう、面接すらも情報収集として活用していくことと、
自分の指向性や考えに嘘はつかない範囲でアピールするのをオススメします。

ではでは、かごみーでした。