転職エージェント”中の人”が自分の転職活動でエージェントを使った理由:面接通過率を上げたかった

転職エージェントとして他人の転職活動を支援してきたわけですが、
果たして「中の人」自身が転職するときは同じように転職エージェントを利用するのか?

私はがっつりと転職エージェントを使いました。
なんならもう、「相当使い倒した」自信があります。

結果として、意中の第一志望の内定を獲得できました。

転職エージェントを使いながらも、いまいち使いこなせていない、
こんなことまで聞いていいの? お願いできるの?
という質問をよく受けます。

本日は、”元中の人”としてはもちろんのこと、転職活動経験者として、
転職エージェントをもっと活用したい方向けに、一例をご紹介します。

元中の人が転職エージェントを利用した理由

私が転職エージェントを利用した主な理由は下記二点です。

①「面接の評価を教えてもらえる事」
②「事務作業や日程調整のサポート」

私の場合は志望企業が明確に決まっていたので、
できる限りの対策を行ってから面接に臨みたかったんですよね。

「面接通過率の向上」が転職エージェント利用の理由でした。

私にとっては狙った「第一希望への転職」を叶えるためには、
面接の評価を踏まえながら、次の行動を決めていくことが一番重要でした。

というのも、良くも悪くも人材サービスの”中の人”として、
様々な転職希望者と会い、大量の求人を眺め、一件ごとの選考結果を理由付きで把握する日々。
こちとら企業研究やら自己分析やら内定現実的で希望が叶いそうな応募企業のピックアップは就業しながら済ませとるんじゃ!
>かごみーが人材業界に入社した経緯は「自己紹介」より

・対策を事前に練って
・面接後に推薦の後押しをしてもらい
・もし面接でやらかしたらフォローしてもらい
・最終的には給与交渉も第三者の立場で行ってもらいたい

というわがままを叶えるには、リアルタイムで情報が入らないと戦えません。
「面接の評価を教えてもらえること」は転職エージェントにしかお願いできないので利用しました。

面接通過のために転職エージェントに依頼したこと一覧

・企業の内情について情報収集
・過去の面接情報:よくされる質問、面接担当者の特徴、過去のお見送り理由、選考通過率
・自分の面接の評価を知りたい
・面接の評価をふまえて、次の選考に活かしたい
・転職エージェントに、「この人いいよ」と評価の後押しをお願いしたい

いやあ、モリモリ依頼していますね。
実際に、上記項目について転職エージェントは行ってくれます。
これらの情報収集は自分で行おうとすると非常に時間もかかりますし、
そもそも情報を取ってくることが無理なものも含まれます。
だから転職エージェントを活用するのです。

企業の内情について情報収集

どんな第一志望企業でも、イメージと実態が違うことはままあります。
自分では調べきれなかったことや、働く中で不安に思うことは、
選考終盤で転職エージェントを通して確認しました。

残業時間:
詳しい聞き方は「残業時間を聞く方法!悪印象を与えずに確認するには聞く相手とタイミングがポイント」を参照
産休育休:
取得率、復帰率
評価制度:
営業職なのでどんな目標なのか、全体の何割が達成しているのか、など
想定年収:
過去内定者の例、賞与回数、インセンティブの有無・制度内容など
業務上で大変だと思われる部分:
入社後の心の準備として

お金と制度の確認と、あとは入社後に覚悟しておくべき事としてネガティブ情報もあえて聞きました。
事前に知っていれば気持ちが少し楽ですからねー。

過去の面接情報

事前に聞ける限りの情報をもらいましょう。
書類選考通過の連絡が来て日程調整を行うタイミングで、「しっかり準備したいので」と前置きして、
「詳しい案内をお願いします」と釘を刺してしまうのが良いです。

なにも聞かなくても最低限の情報はもらえますが、
面接の案内内容が定型化していることもあるので注意です。(企業担当の手抜きです)

面接担当者が誰か:
現場社員? 人事? 役員? 何人出てくるの??
面接の雰囲気:
くだけてる? かっちりしてる? 時間短め・長め? 深掘り多いタイプ??
過去のお見送り理由:
聞いて地雷を避けます。
お見送り理由こそが採用時に重視しているポイントでもあるので、裏返してアピールポイントに使います。
過去の質問事例:
志望動機、転職理由などの一般的な質問ではなく、その企業に特徴的な質問や傾向があるか聞いてみましょう。
準備の時は一問一答で終わるのではく、「こう答えたら、こう返ってくるんじゃないか?」と2〜3往復しておくと、
当日はかなり安定した気持ちで臨めます。
ちなみに、私が事前準備や企業研究しておいた良かったー!!!と心の中でヒヤヒヤしたのは、
「弊社サービスの良いところと、悪いところを3つずつ教えてください」というシンプルな質問でした。
選考通過率:
参考までに。極端に低ければ、他応募企業も増やしておかなきゃなー、など転職活動全体の最適化のために。
選考回数
スケジュール重要です。具体的なスケジュール調整方法はコチラを参考に。

面接の評価をふまえて、次の選考に活かしたい

これが一番の本命ですね。
どんな評価をされたかを具体的に知れば、
アピールすべきところと、フォローすべきところが分かります。

同じ”一次面接合格”でも、
「求めてる人材にぴったりで是非ともわが社にむかえたい!!早いうちに社長面接だ!!!」
というのと、
「経験年数が短いから不安が残るけど、まだ若いし可能性もありそうだから現場に判断してもらうか」
というのとでは、意味合いが全然違いますよね。
次の面接に受かるための対策も変わってきます。

評価が高いなら、まずもって「地雷を踏まず失敗しない」ことを第一にする。
具体的に評価をもらった点を確認して、もしそれが”高い提案力”なのであれば、
評価点のエピソードを詳しく話せるようにするか、”高い提案力”をアピールできる別のエピソードや切り口を用意しておくこと。

ギリギり合格ラインなら、ギリギリOKをもらえた評価点を前面に出していくこと。
加えて、懸念点を素直に受け止めて自覚していることも伝えられると良いです。

もし見送られてしまったとしても、他の選考に生かすための情報収集をします。
自分が面接でなにか失敗してしまったのか。
求められている基準に自分が全然合わなかったのか。

情報を取ってもらうためにエージェントを利用しているので、
曖昧な評価をもらったときには根掘り葉掘り担当のキャリアアドバイザーに聞いていました。

転職エージェントに、「この人いいよ」と評価の後押しをお願いしたい

面接の限られた時間内だけでアピールしきるのは至難の技。
そのため、外部の力を借りるのもまたひとつ重要な作戦です。

書類応募時の推薦状を練ってもらい、
面接前から担当者にも意気込みを伝え、
面接後には志望度が高いことを念押ししてもらいました。

自分もやっていたから分かるんですが、
転職エージェントからの後押しって、結構効くんですよ。
ここぞという志望度の高い企業に対しては、面接前後どちらもアピールしておきましょう。

面接後のフォローをお願いしたい

人間、やらかしてしまうことはあります。
緊張して準備していた答えが飛んでしまったり、
想定していなかった質問にしどろもどろになってしまったり。
ああ!いまならちゃんと返せるのに!!
そんな一度の返答の失敗だけで意中の企業に判断されるのは悔しいですよね。

そんなときには、面接直後にエージェントに連絡です。伝え方はこう。

「志望度が高くて緊張しちゃいました。途中で真っ白になってしまった部分があるのですが、あの質問にはこのように答えたかったです。もしよければ、その点だけ企業にフォローお願いします」

「事務作業や日程調整のサポート」

補助的ではあるんですが、なかなかにインパクト大きいのがこちら。
私も自分が転職活動して実感したんですが、働きながらの転職活動ってマジで大変。
何といっても、体力と気力の消費が激しい!
しっかりと準備して受けるほどに気力体力をガシガシ削ってくるぞ!

意外と面倒な転職活動にまつわる事務作業

転職活動というと”面接”ばかりが取りざたされますが、
意外と時間をくうのが”事務作業”。

・応募書類の準備
・応募作業
・応募企業ごとにフォーマット違かったり
・面接の日程調整で人事に気を遣ったり
・だいたい数社並行して受けるので、なかなか調整が面倒だったり・時間かかったり

作業そのものより、”作業にまつわる気遣い”が面倒なんですよね。実は。

だって。。。。

「なんとか終業後の遅い時間でお願いしたい!」って直接人事に言いにくくない?
「有給取ったこの日に3社とも面接入れたい!」って思うけど、なかなか人事から返答なかったら催促しにくくない?
「この応募書類使い回しって分かるかな。。。志望動機もこの企業用に入れたほうがいいかな。。。」とか、考えちゃわない?

この辺りを気にせずに事務代行してもらえるのは、実はとても気が楽だし時間も短縮されますよ。

メリハリをつけた転職活動のために

皆さんは土日お休みですか? 平日のお休みですか?

土日お休みの方、有給をうまく使うことが求められます。
面接は基本的に平日の日中に行われます。
一次面接であれば就業後の夕方〜夜に行ってくれることも多いですが、
それでも定時で仕事を終えてすぐに面接会場に向かうことが必須になります。
仕事しながらって気が気じゃないですよ。本当に。

平日お休みの方、「休日」がしばらく無くなります。
面接が平日に行われることが多いので、土日休みと比べると面接に行きやすくなります。
一方で、スケジュールが仕事or面接の二択なりがちです。
複数社が常に同時並行で走るので、内定までのタイミングや追加で受けるべきタイミングをはかるのも難しいです。

エージェントから受けることで、面接の日程調整はだいぶ楽になります。
調整業務自体はエージェントが行ってくれるので、自分がやることは二つだけ。
・面接訪問可能な日程を伝える
・候補日に対して可否を答える
エージェントによっては、ネット/アプリ上で希望日程を選んで返信するだけで済むこともあるので便利な世の中になったものですよ。

最後に

どうでしょう。元転職エージェント”中の人”としての活用方法、参考になりましたか?

転職エージェントがどこまで対応できるか分からず、勿体無い使い方をしてる人が多いと思います。
折角の有効な情報源ですから、うまーく「使い倒して」くださいな。

あなたの内定&入社は、転職エージェントとしても嬉しいことなので(笑)

ではでは、かごみーでした。