良い求人を紹介してもらう確率を高めるための転職エージェント活用法

「良い求人」を紹介してもらえるコツってあるの?

求人紹介は、一般的に転職エージェントとの面談後に行われます。
紹介された求人の中から、具体的に応募企業を選び、選考を進めていきます。

いわば求人紹介はどちらの進むか決めるためのスタート地点。
この時に、あなたに取っての「良い求人」に出会えるかどうかで
その先も大きく変わってきます。

今回は転職エージェントがどうやって紹介求人を選定しているかの解説と、
それを元にした良い求人と出会うためのポイントを紹介します。

転職エージェント視点の求人紹介の流れ

転職エージェントは、下記のような流れで
あなたに紹介する求人を選んでいます。

①デーベースから条件検索
②条件マッチング
③ヒアリングで抽象項目の把握
④推奨・追加求人の選定

①社内デーベースを検索

転職エージェントは取引先の膨大な求人数を情報として抱えています。
営業がヒアリングをしてきた求人情報は、社内のデータベースで一元管理されています。

企業の特徴
仕事内容
応募条件
年収
雇用形態
待遇

といった転職サイトで見られる一般的な内容はもちろんのこと、
社内データベースでのみ公開されているこんな条件もあります。

年齢、性別、学歴
離職期間の制限
過去内定者の事例、過去オファー条件実績
求める人物像:抽象的な部分
選考フローの詳細
具体的な募集期間
採用予定人数

採用企業も組織構成の兼ね合いなどから、
求める人材を効率よく紹介してもらうことに手数料をかけているため
かなり具体的な内容が多く含まれています。

ポイント:
紹介された求人票には載っていない情報も転職エージェントは持っている

②条件マッチング

これらのデータベースから、あなたの条件に合う企業を
下記の観点からマッチングします。

・個人属性としてマッチするもの
・希望条件とマッチするもの
・受かりそうなもの
・希望条件が顕在化していないだけで関心を持ちそうなもの

転職エージェントの企業規模にもよりますが、
求人条件と転職希望者の登録情報を元に、
機械で一定時間にマッチングする機能を持つエージェントもあります。

ポイント:
登録時〜面談前に情報入力が多いと、求人マッチングがされやすい

③ヒアリングで抽象項目の把握

上記の手順を会う前・話を聞く前に行って、ある程度「紹介求人のあたり」をつけておきます。
面談で希望条件やスキルについて深くヒアリングすることで、
より精度の高いマッチングを行うことができます。

抽象部分でいうと、人物的な面や考え方もみています。
過去の内定実績事例や、合格理由・お見送り理由などと照らした際に、
大きな乖離があるかどうかについても判断材料として入ってきます。

極端な話ですが、連絡なく面談をドタキャンしたり、あまりに横柄な態度で面談に臨むと、
「企業に紹介するのにリスクがある人物」という見られ方をされる可能性もあります。

また自分では明確化しているつもりの希望条件も、
事前登録情報とヒアリングした時で異なることは日常茶飯事です。

例えば事前の登録情報では、第一希望条件が「年収」だった場合でも、
よくよく話を聞いてみたら、「年収が高いと言われているコンサルタント業界に未経験だけど転職をしたい」だったり。

その場合、「同じ年収をあげたい」だとしても
・経験を活かして同業種に挑戦し年収が上がることが大事なのか
・未経験なので多少年収は下がるが異業界に挑戦してスキルを身につけるのが大事なのか
・そもそも労働時間は一般的に長くなるが、残業時間の優先順位はどうなのか
などのバランスも含まれてきます。

ポイント:
丁寧な対応! 面談後のお礼メール! それだけで紹介求人の数・フォロー体制も変わってくる。
しっかりヒアリングしてもらうことで本質的な転職理由を叶える求人に出会える確率が高まる。
自分が持つ希望に至った「背景」を面談で伝えることを意識すると、精度の高い求人紹介をしてもらいやすい。

④推奨・追加求人の選定

エージェントの仕事は企業と転職希望者のマッチング。
というわけで、必要な情報をしっかり仕入れたあとは、
特にマッチングしそうな求人について個別に詳細情報の提供などを行います。

「あっていると思うので、ここは特に受けた方がいいですよ」
という感じでの案内です。

力を入れて勧める求人は決まりやすい=内定の可能性が高いところが多いです。

過去の実績
その人の経験スキルのマッチ
企業側の希望との一致
多くの採用を予定している時期

また、求人・採用情報は日々更新されるもの。
求人紹介は一度きりではありません。
一定のタイミングで追加で求人の紹介を行っています。

ただ、これも誰にでも同じタイミングでされるわけではなく、
転職活動に具体的に動いている人の方が優先されます。

さらに、転職活動の進捗が進めば、実際の面接や選考を通して、
その人が個別に「あう・合わない」の基準もどんどん明確化していくので
選考の段階に応じた求人紹介もあります。

ポイント:
求人紹介には意図がある。
「何故ここを紹介してくれたのか、**さんの客観的な理由を教えてください」
この一言で、自分にとっての”良い求人”をあぶり出す。

最後に

求人を紹介するまでに、上記のようなフローを踏んでいます。
希望を叶えるだけの求人だけでは、受かるかどうか(=決まるかどうか)わかりません
受かる可能性が高いだけの求人では、本人が入社したいかどうかわかりません
この間をとった求人のマッチングができるだけで、時にはトントン拍子に転職活動が決まってしまうこともしばしば。

この提案力こそが、担当エージェントの腕の見せ所なんですよね。。。。

ではでは。かごみーでした。